広報ブログ

2020年9月19日

よかった

よかった

『楽は苦の種 苦は楽の種』という言葉がある

今している苦労は将来の楽や幸せにつながるが 反対に今 楽をしていれば将来苦労することになるということ

人生とは不思議なもんで 若い頃 死にたいくらい嫌だと思ったことや 絶望したこと 惨めだったこと 悲しかったことなども 年を重ねた後で考えると『だからよかった』『そのお陰で今の自分がある』というようなことは多くある

本当は 苦の中に幸せの種が撒かれているのに それに気づかず文句や不平を言ってしまうと その種には芽が出ない

苦にあっても その中でいいことを見つけ それに感謝する人だけに芽が出て幸せの花が咲く

全ての苦労は 自分を磨いてくれる磨き砂

『だからよかった』と全てのことに感謝できる人でありたい

年を重ねて人生が楽しいと感じるのは 人生の出来事は全て関係があるということが見えてくるからだ

この世に独立したものはないんだよな

今まで全く関係がないと思っていたことが ここでこう繋がるのかと見えてくるようになる

だから 若い頃にも増して人生が面白くなってくるんだろうな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る