設計&現場ブログ

2021年8月8日

さるすべり

さるすべり

こんにちは。

設計部の高野です。

 

会社の近くの公園でサルスベリが満開になっています。

サルスベリと言えば赤い花のイメージですが、公園のものは白いですね。

前回の大きな台風で枝が折れてしまい、形が若干歪です。

それでも元気に咲いているのですごいなあと感じます。

さるすべり

サルスベリですが、漢字では「百日紅」と書きます。

夏の初めから秋にかけて長く咲くからというのが漢字の由来です。

他にも、朝鮮半島の逸話からという由来もあります。恋人の片方が旅に出るため100日後の再会を誓ったが、片方が帰ってくる頃には恋人が亡くなっておりその墓から生えた樹という物語です。まさか悲恋の樹だったとは、、、。

 

ちなみにサルスベリはリョウボという名前で売られています。

化粧柱として利用されることが多いそうです。

木材屋さんに行く機会があったら探してみたいと思います。

 

それでは(・ω・)ノシ

 

この記事を書いた人

髙野 京子

髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る