設計&現場ブログ

2021年8月17日

ピクトグラム

ピクトグラム

こんにちは。

設計部の高野です。

 

オリンピックが閉会し、次はパラリンピックですね。

個人的にはボッチャが気になります。

以前、改装前の千葉市役所内に体験コートが設置されていました。

ノーコンなので、ボールが思いもしない場所に飛んで行ったのを覚えています(笑)

 

オリンピック、パラリンピックの競技を始め、何らかの情報や注意を分かりやすく図案化(イラスト)したものをピクトグラムといいます。

人のシルエットで表現されるピクトグラムですが、発祥は第1回目の東京オリンピックです。

まだ海外の方とコミュニケーションが取りづらかった時代に「誰が見ても意味が分かるマークを作ろう」ということで、11人のデザイナーによって作成されました。

確かに分かりやすいイラストであれば言語は関係ないですよね(*´▽`*)

 

ちなみにメイン画像の非常口もピクトグラムの一つです。

こちらはオリンピックではなく熊本のデパート火災から生まれたものだそうです。

ピクトグラム

今回、オリンピックの開会式でピクトグラムさんのパフォーマンスがあり、SNSで大喜利ピクトグラムが上がっているのを目にしました。↑はママ(パパ)リンピックで検索すると出てきます。子供の躍動感がすごく好きです。

改めてみると面白い要素がたくさんあるなと感じてます(*´▽`*)

オリンピック開催国の歴史や文化をデザインに組み込んだものは、見て調べるだけでも楽しかったです。

(2000年のシドニーオリンピックはブーメランをモチーフにデザインされています。先住民の伝統的な狩猟道具なんだそうです。)

 

意外と面白い要素があるものですね(笑)

それでは(^_^)ノシ

この記事を書いた人

髙野 京子

髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る