設計&現場ブログ

NEW! 2021年10月9日

照明の色

照明の色

こんにちは。

設計部の高野です。

 

今回は照明の色についてです。

照明器具(以下、電球)には色温度というものがあります。

電球色・昼白色・温白色の3つです。

 

電球色はややオレンジがかった色で暖かい雰囲気作りに適しています。

明るさは控えめです。寝室やリビングなど寛ぐスペースに使うことが多いです。

もしくは廊下やトイレといった作業をしない空間にも適しています。

 

昼白色は非常に明るく爽やかな白い光です。

名前の通り、真昼の太陽の光に近いです。

キッチンや家事室、勉強部屋など作業をするスペースに向いている色です。

 

最後、温白色は上記ふたつの中間色になります。

暗すぎず、明るすぎない自然に近い明るさを作ってくれます。

リビングはもちろんですが、クローゼットの中で服を選ぶ際も色の見分けがつきやすい色です。

洗面室でもおすすめです。

 

わたしのお勧めは温白色ですね。昼白色、電球色の良い所どりです(*^▽^*)

 

照明の色
照明の色

↑2つは実際に電球色と温白色の色の違いです。

床の色はグレーになります。

施主様いわく、朝は温白色のシーリングライト(上)、夜は寛ぐので電球色のペンダントライト(下)のみと時間帯で使い分けをしているそうです。

 

それでは(・ω・)ノシ

この記事を書いた人

髙野 京子

髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る