設計&現場ブログ

2022年5月12日

洗面化粧台の居場所

洗面化粧台の居場所

こんにちは。

設計部の高野です。

 

最近、届いたDMでアウトベイシンスタイルという単語を目にしました。

一体どういう意味だろうと調べると、

OUT(外に)BASIN(洗面器)=洗面化粧台を浴室やトイレ等の水回りスペースの外に設置する住宅スタイルのことでした。

 

一般的な洗面化粧台は1坪の空間に洗濯機とセットで置くことが多いですね。

その場合、洗濯機の大きさを加味して洗面化粧台はW750~900の物を設置することが多いです。

アウトベイシンスタイルは洗面化粧台を「水回り」カテゴリーから外し、廊下や主寝室、リビングに設置します。

間取りによっては空間を広く使えるし、洗面化粧台本体も今までより大きなものを設置できます。

最近はホテル等で取り入れられているスタイルです。

大きい洗面化粧台、良いですよね(*´▽`*)

 

気になる方は是非検索を!

それでは(・ワ・)ノシ

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

 

この記事を書いた人

髙野 京子

髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る