設計&現場ブログ

2022年7月15日

試掘調査

試掘調査

こんばんは。

設計部の高野です。

 

本日、市原市の物件で埋蔵文化財の試掘調査があったので

立ち会ってきました。

天気は写真の通り、土砂降り(笑)

調査の職員さんいわく、土砂降りでもやる時はやりますとのことで、、、。

実際に掘ってみて、目視出来ないくらいじゃないと中止にはしないそうです。

すごい意地のようなものを感じます(笑)

試掘調査

ショベルカーで40㎝~60㎝ほど掘ると、茶色からグレーの土が出てきました。

実際はもっと青っぽい色です。

茶色部分は客土(きゃくど)といって、土地を造成した時に入れた土です。

グレーの土は養老川などで見られる平地の土で、グレーになっているのは

土が酸化しているからなんだとか( ´_ゝ`)

 

全体で80㎝程、試掘作業をしました。

実際に文化財がある時は、グレーの土の上に何かしら物が見えるそうです。

今回は特に見られなかったのでこのまま着工できそうです。

雨の中、調査ありがとうございました。

 

それでは(*´▽`*)ノシ

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

試掘調査

この記事を書いた人

髙野 京子

髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る