設計&現場ブログ

2022年9月24日

木の塗装

木の塗装

こんばんは。

設計部の高野です。

 

無垢の木材に塗る塗料は色々種類があります。

大きな分類でいくと、ステイン系塗料とウレタン塗料、ニス、ワックスですかね。

他にもいろいろあります。

 

ステイン系は木材に染み込ませて色を付けるので木目が綺麗に出ます。

ムラも味に見えるので初心者の私でもなんとか扱えます(笑)

ウレタンは木の表面に塗膜をつくります。

防水効果が期待できるので水回りに使う木部に塗ることが多いです。

イメージしやすいのはペンキですね。上から塗潰すイメージなので木目は目立たなくなります。

 

今回はウレタン塗料の進化版「セラウッド塗装」という物を紹介します。

木の塗装

セラウッド塗装とは。

従来のウレタン塗装に比べて無垢の質感を生かした仕上げで、オイル塗装より優れた撥水・耐汚性能を有します。

メンテナンスフリーの仕上げですので、小さなお子様がおられる家庭や、

飲食店や事務所などの不特定多数の方が使用される場合におすすめです。

 

つまり、ステイン塗料のように木目が見えるのに、表面はしっかり塗膜が張られるので

ウレタン塗料のように水をはじくようになるということです。

耐熱性にも優れるため熱いものをこぼしても変色しないのも特徴です。

木の塗装

テーブルのような家具などに施されるケースが多いみたいですね。

デメリットとしては、塗膜が剥がれた場合の補修が難しいそうです。

手触りも木に触れているというより、硬い質感になります。

 

良い所もあれば、悪い所もあるのはどんな物でも一緒なので

適材適所で使っていけばいいと思います。

それでは(*´ω`*)ノシ

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

 

この記事を書いた人

非公開: 髙野 京子

非公開: 髙野 京子

( たかの きょうこ)

担当業務 / 設計

故郷 / 東京都

非公開: 髙野 京子の記事一覧 プロフィールを見る