設計&現場ブログ

2018年7月15日

緑の持つ効果

緑の持つ効果

こんにちは。

最近いっそう暑くなってきましたね(^ワ^)

 

7/10に「住まい×介護×医療展」に行ってきました。

介護者の腰の負担を軽減させるためのマッスルスーツや、

認知症予防に開発されたアニマルロボットといった商品展示から

スマートフォンと連動した見守りシステムといったものまで

介護、医療にも幅広い分野が展開しているようです。

 

中でも私が特に気になったのは環境緑化に関する展示です。

緑を街中だけではなく、オフィスや商業施設の中に取り入れる

ことで環境だけではなく人にも良い効果があるようです。

①ストレスの緩和

植物が視界に入ると、目の疲れや精神疲労、緊張感が低減

すると言われています。体にストレスを感じてから植物を

見ると、見ない場合に比べて約67%のストレス軽減効果

があります。

 

②目の疲れを軽減

パソコンを作業している時に植物を見ると、目の疲れが

緩和し、作業終わりにもう一度見ると疲労が回復します。

 

他にもリラックス効果やヒーリング作用もあって、

日々の生活に癒しを与えてくれそうです(^.^)

職場や自分のデスクに緑を飾ってみたり、

お家で植物を育ててみるのはいかがでしょうか?