設計&現場ブログ

2018年9月6日

建築の日本展

建築の日本展

おはようございます!

昨日のお休みに、六本木ヒルズでやっている『建築の日本展』に行ってきました!

↑は、日本を代表する建築家、丹下健三さんが設計した自邸の1/3サイズの模型です。

出雲大社の古代の姿~現在の建築までの模型や図面などが展示されていて、とても興味深いものでした!

建築の日本展

↑千利休さんの茶室『待庵』

原寸大で、再現されていました。

建築の日本展

↑にじり口という小さな入口から中へ。

わずか二畳という『わび』の空間を体感してきました。

建築の日本展

↑こちらは、最新技術のレーザーファイバーと映像を駆使した展示です。

日本建築の内部空間を3Dの原寸大で、体感できます。

建築の日本展
建築の日本展

↑実際のサイズ感がわかり、面白い展示でした。

昔から現在まで、たくさんの素晴らしい日本建築に、ふれることができ、良い時間が過ごせました。

その時、感じたことを、自分の設計にも活かしていけたらと思います!

9月17日まで、やっていますので、ご興味のある方は、行ってみて下さいね!

次回は、フィンランドの続きをお話しますね!では、また!

この記事を書いた人

深井 友樹

深井 友樹

( ふかい ゆうき)

担当業務 / 設計担当

故郷 / 東京都墨田区

深井 友樹の記事一覧 プロフィールを見る