お客様の声
マイホーム購入のきっかけは何ですか?

御主人:時期的に家を建てたいなとは思っていたんです。
いい時期だなぁと。
今40歳ですが、本当は30代で建てたかったんです。

アレグレホームとの出会いについて教えてください。

御主人:アレグレを初めて知ったのは奥さんがインターネットで
調べて見つけたことがきっかけです。
はじめは、住宅展示場とか色々行ってたんですが、営業さんの段階で
あまり引っかかるところがなくて。
他社は制約が多かったんです。
私はタイルの外壁にしたかったのですが、それを許してもらえるとこ
ろがなかったんですよね。

タイルの外壁にこだわったのはどんなところですか。

奥様:全体的なバランスですね。
無垢の床を勧めてもらったので、木のぬくもりに合うような照明や
カーテンレールにしました。

御主人:ライトや釣り扉もインテリアに関しては全部、かみさんが
決めました。

奥様:つまみの部分まで、いちいちうるさく言ってやってもらい
ました(笑)。
楽しかったですね。
予算の中に上手に納めようとすると、ものすご~く労力は掛かります。
素人だから、やりたい形にする時にどんなパーツが必要だとか分から
ないですから。
でも、壁の珪藻土もすごくいいものを使っていただいて満足しています。

御主人:フレームが樹脂出てきている高級グレードの
YKKの窓(APW)も採用してもらいました。
これだと結露しにくいんです。

アレグレホームと出会ってからマイホーム完成までには3年間の月日が経ちました。その間、印象に残っていることについてお聞かせください。

御主人:営業の仕方が、ビジネスビジネスしてなかったん
です。俺も結構つっこんで人に言っちゃう方なんですけど、
それに乗ってきてくれてたんですよ。
実際に建てる頃には友達みたいになってましたね。

奥様:一般的に、皆さんがどのくらいの時間をかけるのかは
分からないんですけど、契約するまでも長かったです。
1年以上ありました。
後々こうじゃなかったとか言いたくなかったので。
思ってるところは妥協しませんでした。
さらに、土地探しの段階から我侭だったんですよ。
“近隣に変な人いないですか”とか。
賃貸でずっと住んでましたから、責任感覚とかないじゃない
ですか。
でも戸建てで住むとなったら、周りの人にも気を遣わなきゃ
いけないんで。
そういうのも調べてもらいましたね。
近所の奥さんの話も聞いてくれたみたいで、“お子さんは
大きくなって独立してるそうです”とか、そういえば、
長いお手紙をいただいたこともありました。

どんな手紙でしたか。

奥様:ある日、突然、封筒がポストに入っていて。
便箋3枚くらい。筆圧がめっちゃ強い手紙でした(笑)。
だから、それだけ想いを込めて書いてくれたんだなぁと思って、
ぐっときました。
主人にも無言で手紙を渡したんです。
私からは言葉で説明しきれなかったので、読んで直接何か感じるか
なって。
“会社を上げてここの土地を推薦します”みたいなことが書いて
ありました。

御主人:そんなこともあって、営業担当の方とも打ち解けて、
今じゃタメ語で遊びに来るけど(笑)

奥様:それを望んでたんでしょ(笑)

御主人:嬉しいんですよ。

住宅建材の会社にお勤めだそうですね。

御主人:うちの会社は大きいマンションの仕事が多いんですが、
実は、私は戸建てのタイル担当なんで、色んな戸建てを見てるん
です。
それで、アレグレホームの大工さんを見て、こんな良い大工さん
はなかなかいないって同僚に話していました。
そうしたら、同僚もいつのまにかアレグレさんで建ててもらうことになりました。
勧めた覚えはないんですけどね。

奥様:私は勧めちゃったけどね。
良いと思ったら良いって話しちゃいますよね。
でもあんまり言い過ぎると自慢になっちゃったらあれなんで、
控えめに。
建てた後の我が家に来てもらって。
珪藻土の空気感が違うっていうのも分かったみたい。

インタビューを終えて

お会いしてから3年という月日の中で、ご縁が持てたことは、ハードルの一つ一つを
社員一丸となって乗り越えて来たことを再認識すると共に、お施主様が現場を見て、
口コミから次の受注に繋がったことは、職人さんへの信頼と自信にもなった。
今後会社を継続していく中でこういった事を忘れずにお客様と向かい合っていきます。

  • ブログ井上幸治
  • ブログ佐藤千紘
  • ブログ上大迫博生
  • お客様の声一覧へ
このページのトップへ